• ホーム
  • サービス一覧
  • 物件情報
  • 相談事例
  • よくあるご質問
  • 会社概要

鉄道コンテナ利用について

お問い合わせ(無料)

お気軽にご相談・お問い合わせください

お問い合わせフォームはこちら

info@b-soudan.com

0120-03-6711 物流相談担当宛

  • 1.シェアロジ(3PL)
  • 2.輸送on
  • 3.倉庫
  • 4.作業

主な鉄道コンテナの種類

【温度帯】

ドライ、通風、保冷、冷蔵・冷凍

【サイズ】

規格 最大積載重量 容積 T11パレット 主装備等
12ft 5t 19立米 6枚 ラッシングフック
20ft 8.8〜9t 30立米 10枚 トップリフター用フック
31ft 10〜13t 47立米 16枚 カスタマイズ可、大型トラック置換えに最適

※31ftは私有コンテナのみとなります。

鉄道コンテナご利用のメリット

【1.中長距離における効率的な輸送】

1列車で最大650tの輸送が可能

【2.輸送エネルギーの節減(CO2排出量の削減)】

鉄道コンテナ運用シミュレーションを
ご参照ください

【3.定時性とスピーディな輸送サービス】

東京〜福岡最短17時間16分
東京〜札幌最短16時間59分

【4.交通事故のリスク低減】

列車はレール上のみ走行可能な為

【5.距離・重量次第でコストメリットあり】

ご相談ください

鉄道コンテナの料金の仕組み

コンテナ料金は主に、下記4点から成り立っています。月間扱い個数により料金は異なりますのでご相談ください。
また、条件により別途料金が必要な場合がございますので、ご相談ください。

【1.集荷料】

積地から発ターミナルまでのトラック輸送料金です。

【2.レール運賃】

発ターミナルから着ターミナルまでの列車運賃です。

【3.継配料】

着ターミナルから降し地までのトラック輸送料金です。

【4.発送料到着料(扱料)】

発着ターミナル駅でのコンテナ荷役料金です。

鉄道コンテナ運用シミュレーション

【例1】※金額は5tコンテナ1本輸送のケースです。

出荷地住所:埼玉県所沢市
着荷地住所:兵庫県西宮市

地点 所沢 新座〜梅田 西宮  
日程 1日目 1〜2日目 2日目
タイムテーブル 17:30 18:55〜翌7:30 9:00
距離 20km 600km 20km
輸送手段 トラック(集荷) 列車(レール) トラック(配達)
料金科目 集荷料 レール運賃 継配料 扱料 合計
料金 \11,400 \35,000 \13,100 \1,000 \60,500

環境への影響※比較の為10t分にて試算※5tコンテナ2回は小分け納品対応

輸送手段 エネルギー使用量 対トラック削減率 CO2排出量 対トラック削減率
10tトラック1台 201.0kl   0.475t-CO2  
5tコンテナ×2本×1回 86.9kl 約59% 0.166t-CO2 約69%
5tコンテナ×1本×2回 93.0kl 約54% 0.167t-CO2 約66%

【例2】※金額は5tコンテナ1本輸送のケースです。

出荷地住所:千葉県浦安市
着荷地住所:福岡県博多市

地点 浦安 東京〜福岡 博多  
日程 1日目 1〜2日目 2日目
タイムテーブル 0:30 1:47〜21:56 翌9:00
距離 20km 1,184km 10km
輸送手段 トラック(集荷) 列車(レール) トラック(配達)
料金科目 集荷料 レール運賃 継配料 扱料 合計
料金 \13,100 \60,000 \9,400 \1,000 \83,500

環境への影響※比較の為10t分にて試算※5tコンテナ2回は小分け納品対応

輸送手段 エネルギー使用量 対トラック削減率 CO2排出量 対トラック削減率
10tトラック1台 379.0kl   1.000t-CO2  
5tコンテナ×2本×1回 163.0kl 約57% 0.294t-CO2 約71%
5tコンテナ×1本×2回 179.0kl 約53% 0.306t-CO2 約70%

弊社における31ft鉄道コンテナ導入例

異なる2荷主様における、関東〜関西間の大型10tトラックによる配送を、31ft鉄道コンテナへ変更することにより大幅なエネルギー使用量削減・CO2排出量削減を達成しました。

31ft鉄道

【事業の概要】

A社様
神奈川県藤沢市〜兵庫県西宮市間を10tトラックにより年間240回運行
B社様
兵庫県神戸市〜神奈川県横浜市間を10tトラックにより年間240回運行

上記2荷主様の10tトラックでの配送を、31ft鉄道コンテナ2本の往復利用に切り替えました。

【輸送手段変更による環境面での改善数値(1年間)】

輸送手段 輸送トンキロ エネルギー使用量 対トラック削減率 CO2排出量 対トラック削減率
10tトラック 2,688,000 181.1kl   481.3t-CO2  
31ft鉄道コンテナ 3,240,000 54.8kl 74.89% 111.8t-CO2 76.8%

※エネルギー使用量は原油換算値を使用しています。
※鉄道は東京ターミナル〜安治川口ターミナル間を往復利用しております。

環境にやさしい鉄道コンテナ輸送を是非ご検討ください!

ページトップへ

無料 物流の悩みを解決!まずはお気軽にご相談下さい

  • ①お問い合わせ
  • ②弊社からご連絡
  • ③詳細ヒアリング
  • ④解決案提示
  • スタッフ紹介

お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせ用メールアドレス

0120-03-6711 平日9時〜17時 物流相談担当宛